医師

尿失禁にお悩みの方は治療について知識をつけておこう

注意しておくこと

病棟

梅毒の検査を受ける前に、梅毒について理解しておきましょう。そして、病院でしっかりと詳しい診断と治療を行なうことで、自分の体やパートナーの体を大切にすることができます。

詳しく見る

治療方法について

女の人

失禁治療の中には、尿もれパットを使用し対策をとる方法や、骨盤底筋という膀胱を支える筋肉を鍛える治療があります。また、薬を服用し治療を行う方法もありますが、尿失禁の症状が悪化し重症の場合は手術を行う場合もあります。基本的に、病院で尿失禁を治療する場合は、薬物での治療と骨盤底筋を鍛えることが多いです。しかし、それでも症状が良くならない場合は「TOT手術」を行います。この手術方法は、太ももの付け根部分3箇所から、尿道を支えるためにポリプロピレン製のテープを入れることで尿失禁の症状を改善するというものです。この手術方法の前に、「TVT手術」という方法があったのですが、この手術は効果的な反面、様々な合併症を引き起こしてしまうことが多かったのです。一方TOT手術では、使用する器具が高性能な物に変わったので、合併症を引き起こすリスクが少なくなり患者も安心して受けることができるようになりました。尿失禁の手術は30分という短い時間で受けることができ、入院は数日ほどで退院することができます。しかし、手術を受けてからしばらくの期間は運動することができません。女性の場合は、妊娠などをしていると手術を受けることができませんが、この手術は体に大きな負担があるわけではないので、尿失禁で悩んでいる高齢者の方でも健康であれば手術を受けることができます。病院で、自分の症状に合わせた治療が行えるように、毎日の尿失禁の記録をつけるなどの症状の把握をしておくと、医師と相談するときにスムーズに治療を行うことができるでしょう。

症状を知っておこう

女の人

梅毒の症状は人によって様々です。ですので、自分の症状を把握するためにも初期症状についての知識をつけ、梅毒の疑いがある場合は病院に相談をしてから症状に合わせた治療を受けましょう。

詳しく見る

いい病院の見つけ方

ナース

新宿で泌尿器科を探すには、自分が治療を受けやすい場所を選びましょう。治療する泌尿器科によっては、よくないない対応を行う病院があるので、見極めるポイントを把握しておきましょう。

詳しく見る